グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  医療関係者向けページ >  入院対象疾患

入院対象疾患


このエントリーをはてなブックマークに追加

回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患とは

回復期リハビリテーション病院には入院対象となる疾患の発症後や手術後であることが、入院の条件となります。
また、対象となる疾患の発症後または手術後であれば、回復期リハビリテーション病院へいつでも入院ができるというわけではなく、入院までの期限も決められております。

対象疾患及び算定上限日数

回復期リハビリテーション対象疾患 発症または手術後から 入院期間の上限
脳血管疾患 脊髄損傷 頭部外傷 くも膜下出血のシャント術後
脳腫瘍 脳炎 急性脳症 脊髄炎 多発性神経炎 多発性硬化症
腕神経叢損傷の発症後もしくは手術後の状態
2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害
重度の脊椎損傷
頭部外傷を含む多部位外傷の発症または手術後の状態
2ヶ月以内 180日
大腿骨 骨盤 脊椎 股関節もしくは膝関節の骨折
または2肢以上の多発骨折の発症後または手術後の状態
2ヶ月以内 90日
外科的手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨 骨盤 脊椎 股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節または膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日
以上に加えて、期限内に空床が発症しない場合もありますので、対象の方が必ずしも入院できるというわけではありません。

入院期間について

入院期間の上限は決められていますが、患者様の状態、退院後の見通し(退院先の状況等)によりそれぞれ異なり、主治医を中心としたスタッフ間のカンファレンス(会議)を開き回復状況を確認しながら、退院時期を決めていきます。

お問い合わせ窓口

医療法人社団曙会 流山中央病院附属
泉リハビリテーション病院 医療相談室
〒270-0119
千葉県流山市おおたかの森北3丁目23番地の12

電話番号 :04-7186-7560 受付時間:9:00~17:00